Kさんのこと。


先日、だいぶんお待たせしてしまった、大きいサイズの「ねこてん」さんをご注文くださったお客様へ納品してきました。

わたしのねこてんを見て、お客様が以前飼われていた猫ちゃんたちの模様で・・とのご注文。

亡くなって何年も経つのに、いまだに思われてるなんて、幸せな犬さん・猫さんたちです。
同時に飼い主さんにとっても、幸せなことだなぁと思いました。



Kさんは、去年フリマ出店していたときにご縁があったお客様です。
はじめははんこをご注文くださり、犬さんを連れてきてくださったり、猫好きでもあるそうで、そのお話をしたり。

今年、こげが亡くなったときには、「墓前にあげてね」と、こげが生前には食べたことのなかった、おいしそうなおやつまでいただきました。
(お供えしたあとは、ちゃたの口に)


Kさんちのねこてんさんのご注文をいただいたときに、参考に写真をお預かりしたのですが、その中の1匹ちゃんがなんと、こげそっくり。
こげがつないでくれたご縁でもあったのかな・・と、ちょっとじんわりしました。


お待たせしてしまいましたが、お盆までにはなんとか・・と思っていたので、無事お渡しできてよかったです。
(「こげちゃん、新盆でしょ?」と、またまたおやつをいただいてしまいました)

それから、以前注文をいただいたときに「猫雛さんを見てみたい」とおっしゃっていたので、参考までにとお持ちしましたら・・、ありがたいことに、そちらもお嫁入りになりました。


Kさん、ほんとうにありがとうございました!



お盆に関しては、我が家は古いおうちでもないし、お仏壇もないので、特になにもしません。
でも今年はこげのこともあるので・・・といっても、やったことないからどうしていいのかわからなかったので、とりあえず、いただいたおやつをお供えして、祭壇のところに、電池式のキャンドルを3日間、灯しました。


・・・こげ、帰ってきてくれたのかな・・。

(ちゃたは平常心)



今年のお盆は、意味深いものだった方も多かっただろうと思います。
例年よりもいちだんと、切ないお盆だったのではないでしょうか。


災害。
その後にいまだ続いている人災。

意図せずして喪った命。
意図して失う、命。



そうそう、ご報告しないままでしたが、震災後、被災動物たちへの救助活動として、動物保護団体3団体様へ、物資と義援金をおくらせていただきました。

そのうちのひとつ、福島に救助した動物たちのためのシェルター「にゃんこはうす」設立のための活動では、今月からハウスがオープンすることになったそうです。




猫さんたちが少しでも安心して暮らせる環境が、一日でも早く整いますように。
[PR]

by bunakoubou | 2011-08-15 21:14 | 日々