<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ネコ市ネコ座 レポ。

「さくら猫って知っていますか?」というタイトルのもと、京都にて保護猫カフェ『ネコ・リパブリック』さんが主催する「ネコ市ネコ座」というイベントが行われ、参加してきました!

さくら猫については、これまた公式ページを参照いただくことにして。

f0231617_22191239.jpg

今回、桜の(花)のシーズンだったこともあってお宿が確保できず、往復夜行バスという強行軍でした。
前日夜、東京を出発して朝、京都に着き、イベント出店をしてその夜にまたバスで帰る。

朝、京都に着いたら、雨が降りはじめてしまいました;

せっかくの桜の季節、ほんとは、朝早く着くのでイベント開始前にどこかに桜を見に行きたい!(平安神宮の枝垂れ桜が見たかった)と思っていたのですが・・・断念。

会場は、「新風館」という外から見たらクラシカルな、でも中は斬新なデザインの複合ショッピング施設。
その中庭に会場がしつらえてあって、幟からステージの飾りつけから、出店用ののれんから、オリジナルデザインで統一されてあってびっくり。
とても気合の入ったイベントです。

f0231617_22185230.jpg

振り返る猫の後ろ姿が愛らしいv(中から見たところなので反転しています)
一応、屋根つき屋台ですが、雨は振り込んでくるし、幌からぽつぽつ滲み出てきたり、降っている間はタオルがぐっしょりなるほど格闘していましたが、スタッフの皆さんがいろいろ配慮してくださってありがたかったです。

f0231617_22185829.jpg

ブースはこんなかんじ。

雨にも関わらず、大勢のお客様が来てくださって、このイベントへの関心の高さがうかがえます。

朝一番でお買いものしてくれた韓国からの女の子たち。
「猫、好きなの?」と聞くと、「あなたの、猫たちが好き」と言ってくれて嬉しかったです。
何度も戻ってきて悩んで決めてくれた男性のお客様や、小学生くらいの男の子とそのお母さんはしまいにはどの柄の子にするかで議論しちゃってたり。

そうそう、新作の、こちらのイベント限定の「さくらねこ」さんたち5匹は、無事、みんな里子にゆきましたよ!
やっぱりこういうイベントだけあって、皆さん猫好きさんばかりで(当然ですね)、一日中、猫トークという貴重な時間で、とってもとっても楽しかった!

ポスターも、出店も、どこを向いてもみーんな猫なんだもん♪
生の猫さんも遊びに来てましたよv
お目々がまんまるでかわいかった~!

f0231617_22192163.jpg

ステージではライブやダンスやバレエ、そして動物の保護活動もされている女優の杉本彩さんもトークショーにいらしてました。
(↓ ステージ上、左から2人目)

f0231617_22192658.jpg

ブースをあまり離れられなくて、人だかりの隙間からさっと写真だけ。
お話を聞けなかったのは残念でした。


お隣ブースは、猫の天使モチーフのあみぐるみ作家さん。
とってもかわいいの。
お友達と、そのお嬢さんとで、ブースを離れるときなど、いろいろとってもお世話になりました。
ほんとにありがとうございます!

f0231617_22193678.jpg

午後からは雨もあがり、さらにお客さんがたくさんになって、大盛況のうちに終了。
出展料とは別に、本日の売上の一部を、猫の保護活動のために寄付金として納めさせていただきました。
殺処分をゼロにして、里親さんを待つ猫さんたちには優しい里親さんを、さくら猫さんたちお外の子たちには、おいしいご飯と安全な環境を。
すべての猫さんたちが幸せになりますように。

本日、ブースにお立ち寄り下さったお客様、スタッフの皆様、お世話になりましたすべての皆様に感謝を。
ありがとうございました!

また、「ネコ・リパブリック」は本店は岐阜で大阪に支店があるそうですが、4月ごろには東京支店もできるそうですよv
楽しみですね~!


* おまけ

f0231617_22193173.jpg

本日の戦利品。
ネコ市ブースには、なんとフェリシモ猫部(通販会社)さんも出店されていて、人気の「にゃんそうこう」を。
我が家の愛息子には、同じ茶トラ柄の「またたび入り猫けりけり」をゲットしました。
帰ってきてさっそく与えたら、まー喜んで、ヨダレまみれにして、抱っこして後ろ足でけりけりして、堪能しておりました♪



さて。
イベントレポは以上ですが、疲れた体を引きずって、夜行バスの時間まで駆け足で京都の夜桜見物をしてきました。
そちらはまた、別記事にて。






[PR]

by bunakoubou | 2015-03-30 22:48 | マーケット・リポート | Comments(2)

3月の出店予定。 ※3/28追記。

<3月の出店中はこちらの記事がTOPになっています。 最新記事はひとつ下からご覧くださいませ>


え~、1月は出店自体がなく、2月は当日いきなりの告知で取手ひなまつり参戦。
今年のぶな工房はずいぶんのんびりですね? ・・・と思われているかも。。(笑)

ようやく出店のお知らせをすることができます。


◆ 3月14日(土) おこめのいえ手創り市 in 松戸駅西口デッキ (千葉県松戸市) 11:00~15:00 雨天決行

元お米屋さんの古い建物とお庭を利用して行われる、「おこめのいえ手創り市」というのが、松戸で定期的に開催されているそうなのですね。
今回は『上野東京ライン開業記念』ということで、特別バージョンで松戸駅西口デッキでの開催だそうです。
上野東京ラインって? というと、これまで上野駅終着だった常磐線・高崎線・宇都宮線の3路線が、東京・品川まで乗り入れることになるのですよ。
この3/14が、そのスタート日。
どれくらい便利になるのかは、利用してみないとわかりませんが。
こちらのイベント、いちおう雨天も開催されますが、その場合は、ぶな工房は出店しませんのでご注意くださいませ。
(出店しない場合は当日の朝、こちらでお知らせしますね)


◆ 3月29日(日) ネコ市ネコ座 猫祭り (京都市) 11:00~20:00 雨天決行
(※3/28追記 開催時間の訂正です。 イベントは20時まで。 ぶな工房は18:30まで出店し、その後撤収いたします。よろしくお願いします♪)

こちらは初参加のイベントです。
岐阜にある保護猫カフェさんの主催で、『野良猫を「さくら猫」にして殺処分をゼロにしたい!』という目的のもと開催されるイベント。

「さくら猫」についてなど詳しくは主催HPをご覧いただきたいのですが、「殺処分をゼロに」というのは、わたしも以前から興味があって、というかぜひそうなって欲しくて、でも自分にできることは限られていて・・・と思っていたところ、こういう活動を知り、参加させていただくことになりました。

あ、出店作家は「さくら猫」をテーマにした作品をひとつという規定があるので、ぶな工房では小さい粘土作品を限定数、ご用意したいと考えていますので、お楽しみに♪

場所は京都市にある「新風館」というところ。
入場は無料です。

わたしはこちらのイベントの「ネコ市」というのに参加します。

他にもアーティストさんのライブや、動物保護活動をされている女優の杉本彩さんのトークショー、さまざまな特典があるリワードなどがあるようです♪

おりしも京都は桜の季節。
いいですよね~!
ちょっとは見られたらいいなあ。



そんなこんなで、ようやく今年の活動再開、というかんじです。
それぞれの会場でお会いしましょう~♪


[PR]

by bunakoubou | 2015-03-29 21:32 | 出店情報 | Comments(0)

さくらねこ。

今週末の日曜日、京都・新風館にて開催される、「ネコ市ネコ座 さくらねこまつり」に参加いたしますv

「さくらねこ」については、詳しくは公式ページをご覧いただきたいのですが、簡単にご説明しますと・・・、

地域猫(いわゆる野良猫)さん達が増えすぎて殺処分されないよう、捕まえて避妊・去勢を施し元の場所に帰す(TNRというそうな)、その時に、手術済みということを示すために、耳先をカット。
この形が桜の花びらに似ていることから「さくらねこ」というのだそうです。

ネコ市ネコ座は、殺処分される猫を減らす、いずれはゼロにするための啓発イベントというのでしょうか。
動物保護活動に力を入れていらっしゃる、女優の杉本彩さんのトークショーや、ライブなどがあるそうで、わたしは、猫作家さん達の雑貨販売に混ぜてもらいます。
(なんと、フェリシモ猫部も出張してくるそうですよv)


「さくらねこ」をテーマにした作品を、とのことで、・・・できました!

f0231617_00215866.jpg

さくらの花びらに乗った、さくらねこちゃんです♪

f0231617_00220439.jpg

ちゃんと耳先さくらカットになってますv
ボディには桜模様。
フェルトで作ったさくらのカップがつきます。
限定5匹!

出店者は売上の一部を京都動物愛護センターへ寄付金として提出するお約束なので、ご協力いただけたら嬉しいです。

よろしくお願いします♪



[PR]

by bunakoubou | 2015-03-26 00:30 | 作品 | Comments(0)

おこめの家 てづくり市 レポ。

JR常磐線が、東京・品川駅へ乗り入れ、「上野・東京ライン」が開通した記念式典イベントの手づくり市へ参加してきました。

「おこめの家手づくり市」は、普段は、昔のお米屋さんの古民家を利用したこじんまりとした市なのだそうですが、番外編なのかな、JR松戸駅西口デッキにずらりと並べてのとても賑やかなイベントになりました。

f0231617_23230722.jpg

まずは、お祝いの式典。
松戸市長さんと松戸駅長さんと、千葉県のゆるキャラ「チーバくん(左向き姿が千葉県のかたち)」、それから今回初めて見た松戸のゆるキャラ「松戸さん」。
松戸さんのインパクトが強すぎて(顔が「ハム戸」にしか見えません;;)、真っ赤なチーバくんがおとなしく見えてしまいます。。

式典のあと、イベント開始!
主催は女性お二人で、その方達のセンスか、看板も、会場にめぐらされた薄紫色のガーラントも統一感があって、とても素敵。

f0231617_23231684.jpg

f0231617_23232604.jpg

考えたら快速隣駅の柏はよく手作り市に参加させていただいてますが、松戸で出店したのは初めて。
近隣ではこちらの「おこめの家」での開催くらいなのでしょうか、お客様が「手づくり市」というものを新鮮にとらえて楽しんでくださっている感じが伝わってきました。
なんだかこういうの、こちらも嬉しくなりますね。
初開催とは思えない盛り上がりっぷりでしたv

それから、こちらの主催者様はじめ、参加作家さんに猫好きさんがたくさんいらしたのも嬉しくて。
一般のお客様も猫好きさんがたくさん。
お話を聞いていると、今回は、黒猫好きさんと、白黒はちわれちゃんが人気のようでした。

f0231617_23232271.jpg

小学生くらいの男の子、お母さんに待ってもらって、一生懸命、猫たちの中からねこてんを選んでくれました。
小さい女の子は、ちび文化ちゃんのピンクを。
バッグを気に入ってくださったおばさまは、すぐに肩から下げて颯爽と。
着物を着たお人形の子もお嫁にいき、柏での作家仲間の梅子さんが遊びにきてちびねこコレクションを増やしてくださったり。
同じく作家仲間のkuuだんなさんも、来月の「すみだ川ものコト市」のパンフとともに遊びに来てくださって、差し入れまでありがとうございました!


実は先月の取手ひなまつりは、今年最初のイベント、とは言い難く(汗
最近の体調不良とも重なって、ここひと月ほど、ふやけた日々を送っていたのですが、なんだか今日は久しぶりに楽しかったし、ちっちゃいやる気スイッチも見つかった気がします。

ふるさわ革工芸さん、あつっちはうすさんなど作家友達ともおしゃべりして充電させてもらったかんじ。

おこめの家手づくり市主催スタッフの皆様、周りの出展者の皆様、本日ブースにお立ち寄りくださったお客様、お世話になりましたすべての皆様に感謝を。

ありがとうございました~!


さて、お次のイベントは京都です。
京都!
遊びには行ったことがあるけれど、当然イベント出店ははじめてでございます。
折しも桜のシーズン。
(なのでお宿がとれず、行きも帰りも夜行高速バスという強行軍になります。。朝はいいんだけど、帰りがね、真夜中出発なので、どう時間をつぶそうかと・・・)
どうなることやら。

京都のみなさま、どうぞよろしくお願いいたします~。









[PR]

by bunakoubou | 2015-03-15 23:52 | マーケット・リポート | Comments(0)

我が家の雛飾り その2。

ご無沙汰してます~。みなさま、お元気でしたか?

わたしはというと、胃腸かぜを2度ほど;;
1回目のはわりとすぐ治まったのですが、2回目のがしつこくて、胃痛と吐き気に苦しんでおりました。。
1週間経ってもまだ胃のほうが万全じゃなくて、消化の良い食べ物中心で、揚げ物やコーヒーなどが無理なかんじです。
健康って大事ですね。
皆様もお気をつけくださいまし。。


さて、そんなしているうちに、世間では3月3日に桃の節句がありましたが、お雛様は飾りましたか?
以前予告していたように、今年の我が家の雛さんは2種類飾ろうと思います。
先日までは、自作の猫雛含め、ちまちました雛さんたちを。
そして今度は、去年入手した豪華な雛さんを、旧暦のひなまつりまで飾ります。

こちらです♪

f0231617_14165410.jpg
憧れの、御殿雛~!

御殿飾りというと、主に西日本のほうがメインで関東では段飾りが主流だったのですね。
それでわたしは最近になるまで御殿飾りというものを知りませんでした。
自分で猫雛を作るようになってお雛様に興味が出てきて、あちこちの展示を見たりしているときに知って衝撃でした。

これは、和風ドールハウス!
しかもわたしが好きな、平安時代の御所なかんじ。

御殿といっても形は様々で、京都御所のようなタイプもあれば、源氏枠といって、屋根がないもの、神社のようなもの、ちょっと中華風なカラフルな御殿などなど。


f0231617_14170053.jpg


去年、手作り仲間のおばさま宅で、その方の生まれた年の雛さんが御殿で、ずっとしまったままだというので、「お手伝いしますから出しましょう! そして見せてください!」とお願いして見せていただきました。

憧れは強くなって、「御殿、いいなあ。欲しいなあ」と思うものの、なにかしら歴史のあるようなお宅でないと持てないと思っていたのです。
でもふと思い立って、ネットのオークションを検索してみたら・・・、時期にもよりますが、ひなまつり前後だったこともあって、結構な数の御殿飾りが出品されていたのです。
なんだ、買えるんだ!

新品の御殿飾りというのは現在ではおそらくほとんど作られていないと思われますが(未確認)、古いもので、持て余して手放すような方もたくさんあるんですね。
それからは、毎日オークションをのぞく日々。
でもスタートがお安くても、案の定、みるみるお値段がつりあがっていって、手も出ません;
それでもあきらめないで、チェックしていたらあるときチャンスが。

終了間際になってもまだ、ちょっと頑張れば手の届く範囲の金額のものがあったのです。
しかも好みの、白木のタイプ。
〆切時間は真夜中ということもあってかライバルも少なく、PCの前でどきどきしながら落札を待っていると・・・「あなたが最高額で落札しました」とのメッセージが。

えっ、ほんと? やったあ~!

実際、御殿が我が家にやってくるまでも信じられなくて、でもほどなく、古めかしい木箱に入った大きな荷物がどかんと届き、もう大騒ぎしちゃいましたよ。


f0231617_14170646.jpg

元の持ち主様によると、昭和ヒトケタの頃のものだとか。
例のお友達のおばさまの御殿雛さんが昭和8年というから、それと近いかんじ。
だいたい80年くらい前のお雛様です。

設計図もなにもなくて、ヒントはオークションページに出ていた完成図の写真のみで、勘で組み立て(笑)
釘や接着剤など使わずに、はめこんで組み立てられるようになってます。

ほんとは上段に女雛男雛が並ぶのだけど、それだと暗くてお顔が見えなくなってしまうので、ひとつ下に降りてもらいました。上段には、わたしの元の雛さんの小さいお道具を飾って。


f0231617_14171432.jpg

この女雛さんは、お殿さんよりすこし年長なかんじですね。
お人形は、三人官女、五人囃子、二随身、三仕丁と15人全部揃っていました。
(スペースの都合で、三人官女までですが。同じ理由で、階の手すりも省略)
持ち物や細い指先の欠けもほとんどなし。
よほど大事にされていたのでしょうね。
どちらの地域の、どんなお嬢さんのために、親御さんは用意したんでしょう。
(元の持ち主の方からはそういった情報は全く得られませんでした)


わたしの宝物、いえ、我が家の家宝となった御殿のお雛様。




[PR]

by bunakoubou | 2015-03-06 14:49 | 日々 | Comments(0)