<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

長崎かすていらサイダー。


前述の、地サイダー。

もったいないな~と思いつつ、でも飲んでみたい誘惑に駆られ、さっそく栓を開ける。

高さ13センチ、95mlのかわいらしい瓶。
でもしっかり、王冠。
パッケージの箱も、カステラを模していてキュートv


まず、香り。


・・・ふっ 026.gif

あま~い、たまごの香り。


ひとくち。


・・・・あまいっ! 041.gif


ふたくち。

~~~~~~~~あまーいっ!!071.gif



何かの味に似てるな~と思ったら、「みるくせーき」。
・・の、卵増量で、すんごく甘いやつ。

炭酸は気が抜けてるのかと思うほど、弱い。


わずか95mlを飲み干すのに、けっこう時間がかかりました。
そして長~い後味(苦笑)。

この飲み物をお茶うけにして、さらにコーヒーか紅茶が飲めるくらい。


というわけで、飲み終わったあと、コーヒーを入れてのみましたv



まずいわけではない・・と思う。
でも・・・「これ、おいしい!また飲みたい!」かというと、・・・むにゃむにゃ。

2本入りなので、もう1本あるんだけど・・・・どうしよ?
無糖の炭酸でさらに割って飲めば・・・、いや、牛乳で割ったりしても・・・ぶつぶつ。
[PR]

by bunakoubou | 2010-04-27 22:57 | 日々 | Comments(2)

おともだちと会う。


昨年のお引っ越しで、おともだちの「みなせさん」のおうちと距離が近くなった。
ので、久しぶりにいっしょにランチなどすることにv

・・というのも、わたしの母が、手狭なため、ふくろうコレクションの一部を手放すというので、
同じくふくろうコレクターであるみなせさんに、もらっていただくことになったの。

みなせさんには地元、わたしにとっても、昔からなじみのあるターミナル駅周辺で、ということになり、
らんちのお店を決めるべく、改めてネットで検索してみたら・・けっこう良さげなお店がいくつもあるではないの。

その駅周辺は、お買いものはしても、あまりお茶とかごはんとかしないので、新たな発見。

迷いそうなほどの候補の中から、当日、行き当たりばったりで、お店にゆく。


候補のうちの1軒目、お昼前というのにすでに満員。
2軒目、本日貸し切り;
3軒目・・の『カフェ・ド・ルポ』で、ようやく。


カフェのランチをいただく。わたしはパスタ。
これにサラダとパンと飲み物がついて、とてもリーズナブルv
お店も落ち着いていて、居心地がいい。


ふくろうをお渡しして、みなせさんからは梱包材をお譲りいただき、たくさんおしゃべりして。


腹ごなしに、あちこちの雑貨屋さんをひやかしつつ。
(近年のあちこちの例にもれず、この駅周辺も、お店の入れ替わりが激しくて、なくなっちゃったお店もあったけれど、新しくできたお店もあった。
できれば、気に入ったお店は長く続いてもらいたいと思うのだけれど、気に入ったお店ほどなぜか、わたしの場合、消滅してしまうことが多い・・;;)


おしゃべりも尽きなくて、さらにもう1軒、行ってみたいお店があったので、移動する。


『デザート・バー Obico(オビコ)』

デザート・バーというのが、そもそも不思議。
このお店のメインは、デザートとお酒らしい。
甘いもので、お酒がすすむのか?
(少しだけ、しょっぱいおつまみ系はありましたが)

検索していたとき、このお店のガレット(そば粉のしょっぱいクレープ)が食べたかったのね。
でも、お店は1時から。
だから食事とは別に、お茶時のデザートを食べに。

で、メニューを見て、わたしは1発で決まりました。
「塩キャラメルソースのクレープ」!

f0231617_10273520.jpg



あったかい、焼きたてのクレープにグランマニエのアイスクリーム、たっぷりのキャラメルソース♪
アクセントに、岩塩がちりばめられている。


はぅ~、おいしい~~*
なんて幸せなお味なんでしょう。

今回はこれに即決だったけれど、他にもおいしそうなデザートがたくさんだったので、また来たいなあ。

みなせさんは、デザートの小品を3点えらべるセットにしていた。
これがまた、マドレーヌ数種類、マカロン数種類、アイスクリーム数種類、・・などなどの、とてもたくさんな中から、たった3点選ぶという、ものすごい贅沢なメニュー。
わたしだったら、たっぷり30分は迷ってしまいそうな(苦笑)。



たくさんたくさん、おしゃべりして、とても楽しかった~♪
みなせさんは、昨年、わたしが大変だったときにとてもお世話になった、ありがたいおともだち。


みなせさん、今日はほんとにありがとう。
今度はアンテナショップめぐり、しましょうね。



◆オマケ

みなせさんとお別れしたあと、ハンズにお買い物に寄ったら、「地サイダー・地ラムネ特集コーナー」が!!
思わずみなせさんに電話しちゃったよ。(そのあと、みなせさんも寄ったらしい)

以前、時鳥さんに紹介してもらった『地サイダー読本』

すっかりハマってしまって、アンテナショップめぐりや、いかにもそうな所では必ずチェックするようになってしまった。
ので、これだけ一堂に会しているのは、とても嬉しい!

地元色というのにも弱いし、地サイダー系はラベルも秀逸なのが多く、飲み終わった瓶も捨てがたい。

売り場でひとりニヤつきながら、「全種類」手にしてしまいたいところを(そりゃ、無理だ;)、かろうじて「長崎かすていらサイダー(長崎)」と、一番飲んでみたかった「マスカットサイダー(岩手)」を入手。

他にも時鳥さんがチャレンジしたという「ドリアンサイダー」もあったし、「ありまサイダー」「横浜サイダー」「仁手古(にてこ)サイダー(秋田/←一番スキv)」などの正統派も。

でもさすがに、「キムチらむね」とか「たこ焼きらむね」、「いかすみラムネ」とかに手をだすのは、ためらわれました;
「杏仁ラムネ」「もみじ饅頭ラムネ」「北海道白樺ラムネ」くらいなら・・・。

今度、みんなで集まったときにでも、こういう色モノを取りそろえて試してみたいかも。


f0231617_10543295.jpg


(左から  長崎かすていらサイダー、桜南ひやしあめ(地サイダーじゃないけど。いわゆる、しょうが湯。駄菓子屋入手)、マスカットサイダー、スワンサイダー&温泉レモネード(この2点は、去年、合宿免許に行ったときに近くの酒屋で入手したのを、寒い時期に突入したため、飲む機会を逸しているもの;)
[PR]

by bunakoubou | 2010-04-26 00:04 | 日々 | Comments(0)

うだうだ。



今年の春は、なにかおかしい。

4月も下旬だというのに、時折、暖房を入れたりしている。
かと思うと、日焼け止めが必要なほどの日射し。

晴れの日が少なくて、お天気が不安定。
気温も上下にがくがく。


寒さと天候不順のせい(・・ということにしてしまおう)で、
先週、江古田のマーケットが終わってからというもの、
すっかり「やる気」のテンションが下がっています;

次の出店まで2週間あるし・・と、だらだらしているうちに、
今週は終わってしまいました・・・。

あーあ。


次回、ゴールデンウィークで出店が立て続けの予定なので、
ある程度、作りためをしておかなきゃならないのに。



ふう。


まあ、いいや。
いまのうちに、充電、ってことで。


お天気がイマイチでも、庭の八重桜と藤は、日に日に花を開いてる。
この間のお天気の日に、いろいろと播いた種、この天候で芽が出ないと思っていたら、小さいひまわりの芽が出てた。
(他のも、ちゃんと育ってくれるといいな)


少しずつ。
あせらないで。
人のペースに惑わされないで。




・・・・がんばる。
[PR]

by bunakoubou | 2010-04-25 00:07 | 日々 | Comments(0)

出店情報。



2010/05/01 sat.  柏の葉キャンパス 駅前フリマ(千葉県柏市)  10:00~15:00 雨天中止
 
2010/05/04&05 tue&wed.  北総花の丘公園 フリーマーケット(千葉県印西市) 10:00~15:00 雨天中止
[PR]

by bunakoubou | 2010-04-19 23:08 | 出店情報 | Comments(0)

江古田アートマーケット・リポート。


前日、まさかの4月の雪でしたが、明けて今日、一転してぽかぽか小春日和となりました。

よかった~~*
またまた寒かったら、どうしようかと思っちゃった。


今回のアートマーケット、実は数年前(ここがまだわたしのテリトリーだったころ)にも、何度か開催されて、そのうちの1回くらいは、客として見に来たことがありました。
それがいったんなくなって、今回また、復活したらしい。

出店者数は、手づくりが全部で20くらい(たぶん)、パフォーマンスが5組くらい。


f0231617_230416.jpg

わたしとすみれさんは、空き店舗のガレージのようなところが割り当てられ、直射日光もあたらず、かといって適度な日当たりで、他の出店者さんたちとは少し隔離された感があったけれども、場所的には、とても居心地のよいところでした。


今日の出品作は

・200円はんこ
・おてがみはんこセット
・ねんどはんこ
・てづくりはんかちセット
・切手シール
・ことりブローチ
・ちびまねき&まねきねこ



f0231617_231573.jpg



ちびまねきさんたちは、前々日に完成したばかりの、ほやほやv
今回は思い立って、ひもに鈴をつけてみました。

絵付けをしていると、どの子も愛着があるけれど、その中でも「この子!」というのが、どうしてもできてきます。
今回の「この子」は、茶のはちわれちゃん。
(写真中央の少し左向いてる子)

黒でなく焦げ茶にし、お花もようがピンクで少し洋風なかんじの仕上がり。

もしも今日売れ残ったら、自分ちの子にしちゃおう・・・と思っていたのだけど、

・・・めでたくお嫁入り♪

紳士なおじいさまが、「この子がいい」ときっぱりおっしゃって、連れてゆかれました。
ほんのちょっぴり残念なような、でも自分でも気に入った子を、同じように「この子」と気に入ってくださって、
とっても嬉しい!


それから、うちの「ちゃた」をモデルにした茶トラ猫は、同じく茶トラを飼ってらっしゃるという方のおうちへ。
なんでもそちらの猫さんは、17歳なんだそうです。
背中に「招福」の文字をしょったわたしのちびまねきが、その17歳の子が元気に長生きをできるよう、福を運んでくれますように・・・・なんて、選ぶときにお話しされていたので、なんだかじんわりしてしまいました。

ちゃたは今年で11歳になります。

大型猫のせいか、たぶん普通の11歳の猫よりも、ずっと元気。
(でも人間の年齢に換算すると、だいたい60歳くらいらしい)

だけどまだまだずうっと、あと10年でも20年でも、元気で長生きしてそばにいて欲しい・・・、そう思ってしまいます。



猫好きのわたしが作る、いろいろな猫雑貨は、やはり猫好きの方を呼び寄せるようです。
そして、いろいろな猫さんのエピソードを聞きます。

どの子もきっと、うんと可愛がられて幸せに暮らしているのだろうな。
飼いの子も地域猫さんも、みんな幸せだといい。




今日の出店者さんには、他にも明らかな猫好き作家さんが少なくともお二人、いらっしゃいました。
わたしとおなじ、けしごむはんこを作るかたと、猫の切り絵の作家さん。

特に切り絵の作家さんは、とっても細かいデザインの素晴らしい作品を作られていて、はがき1/2サイズくらいの小さい色紙に貼られた作品を、いくつか購入させていただきました。

それから、おとなり出店はと~っても可愛いぬいぐるみ屋さん♪
小さい猫のストラップを連れ帰りv

お向かいにいたアートバルーンのオジサマは、何本もの風船を巧みに操り、ピ○クパ○サーやら大物を作って盛りあがってましたね~。

今日は出店デビューだという、同じくけしごむはんこ&雑貨のオニーサンは、柔和なキャラが印象的。

すみれさんは今回も、新たな人のご縁をつなげて充実した出店になった様子。

他にもステージでは音大生のビックバンドや、教会のゴスペルなどの演奏もあって、そちらも盛り上がっておりました。


たくさんの「嬉しい」や「楽しい」をもらえた1日となりました。



今日、出会えた方々すべてに、感謝を。
ありがとうございました!
[PR]

by bunakoubou | 2010-04-18 23:28 | マーケット・リポート | Comments(2)

江古田アートマーケット。


東京は練馬区、江古田のアートマーケットに出店します♪


2010年4月18日(日) 11:00~16:00 雨天中止

西武池袋線 江古田駅南口より徒歩約2分
江古田銀座商店街・旭ヶ丘商店街路上

詳細はこちら



江古田は、ふしぎ地名で有名です(一部)。
西武池袋線江古田駅周辺の地名は、「江古田」ではありません。
ほんとの江古田という地名は、離れた中野区にあったりします。
江古田は「えごた」「えこだ」と両方、読んだりします。

たいへん紛らわしいです(笑)



江古田は、わたしの元テリトリー。
庭のようなものです。
チャリでしょっちゅう練りまわし、スーパーを何軒もハシゴしたり、お気に入りのお店があったり、知り合いにあったり。

だから、今回の出店は・・・場所的に懐かしい、です。
(いや、懐かしいというほど、まだ距離は開いてないな。まだテリトリーな気がするもの)



江古田では、以前一時期だけ、手作り出店イベントがありました。
でもその後、なくなった・・・と思ったら、近年、復活させていたようです。
以前のときは、見に行くだけで出店したことはありませんでした。
取手の時とは違って、客層も人通りもだいたい予想はつくけれど・・、どんなふうになるかな~。


最近、出店しているフリマとも違う、「アートマーケット」。
こういうときは、フリマとはちょっと趣向を変えたものを、持っていきます。

ちびまねきさんとか。
ことりブローチとか。

要するに、フリマでは価格を抑えたものメインで、「アート~」のときは、もちょっと上のもの。
わたしのやりたいものになるべく近づけたものを、出せたらいいな・・と。


んー、つまりこういうことかな。
フリマのときは、お客さんメインで喜んでもらえるもの。
アート系イベントのときは、より、自分の作りたいもの。


意識して違いを出そうと思っていたわけではなかったのだけど、
考えてみたら、なんかそんなかんじになっちゃった。
あ、でも、そうやってアートイベント用に作ったものを、後でフリマにも持ってったりするから、
違いはないのかな~。


そのイベントのために用意して作りはじめる・・ときだけ、違うのかな。
フリマ用には、あえて大物を用意したりはしないもんな~。
あれば、持っていくけど。



んーと、脱線しました;


今度の日曜日。

お天気はどうやら回復して、少し温かくもなる予想です。
(そうだといいな・・・)


おさんぽがてら。
どうぞ遊びにいらしてくださいませ~!
お待ちしてます♪
[PR]

by bunakoubou | 2010-04-16 23:57 | 出店情報 | Comments(1)

ねんど。


今日はいいお天気だったので、どこか近所でお花見・・と思ったけれど、
「いやいや、次の出店が間近なんだし、作り物をがんばろ~」と、思い直し。


粘土をこねこね、「ちびまねき」さんを10体、作りました。

ただいま、乾燥中~。


わたしは粘土で作るとき、型などがあるわけではないので、ひとつひとつ、手で形を整えて作ります。
たいへん、面倒。

しかも、だいたい3つくらい作ると、なんだか形がおかしくなってきます。


漢字の書き取りをしていて、たくさん同じ字を書いていると、なんだか字に見えなくなって、
おかしく感じる・・・というのと、似ています。
(なんて言うんでしたっけ、そういうの。カタカナで、なにかそういう症状の名前がついていたと思ったのだけど、・・・思い出せない;)


手足と頭のバランス、頭のうちでも、耳とのバランスが、なんだか、いくら、こねこねしても、
なかなか定まらなくなってきます。

ちょうど手も、粘土だらけで、一部乾いたところが、ばりばりになってきて、
形づくるのにも、支障がでてくる頃合い。


・・疲れたんだな。
集中力も、3体くらいが、限界。


いちど手を洗って、気分を入れ替えて。


また、新たな気持ちで作り始めます。


すると今度は、形になる。
(いや、ならない時もあります。その時は、もう少し、休憩)



その形も、乾燥させている間に、ふと見ると、なんだかもう少し、違う形のほうがいいような・・・。

完全に乾いたら、そう思ったところを、今度はナイフで削っていきます。
石粉粘土のいいところv


粘土を盛って、削って、やすりで磨いて、着色して・・・、とても手間がかかるけれど。


粘土は、楽しいv





ところで、昨日、今日と、とても久しぶりな方たちから、メールがきました。
久しぶりなメールが重なる、そういう時があります。

久しぶりの人も、いつもな人も、わたしのことを、気にかけてくれる。
・・・支えられてるんだなぁ。



ありがたいなあ。
[PR]

by bunakoubou | 2010-04-09 23:32 | Comments(2)

お花見三昧。

先週から今週にかけて、うちのあたりでも桜の季節になりました。

桜は、わたしの大好きな花。
いつか・・・、自分の家と庭が持てたときに、絶対、植えたいと思っている木です。

毎年、どこかしら必ずちゃんとしたお花見に行くことにしていて、今年は実家の近辺を何か所か。


● シャトー・カミヤ牛久

f0231617_23103579.jpg


わたしが行ったときは、桜はまだ五分咲きくらい。
ここは小さい頃に一度行っている・・・そうなのだけど、ほとんど記憶になく;

f0231617_23113132.jpg

シャトー・カミヤは、昔は「牛久シャトー」という名だった。
浅草の有名な「神谷バー」の、神谷さんがワインを作るために造った建物です。
ちょっとしたテーマパークのようになっていて、ワイン蔵を兼ねた資料館は重要文化財指定。
あと、お土産屋さんと、レストランがいくつかと、チャペルとお庭。

ワインの試飲もできますv (お車の方は、ダメですよ)



● 千葉県立体験博物館 「房総のむら」


ここも・・・、中学の頃、遠足で行った。
たいしたものがなくて、とてもしょぼい印象しか残っていなかったけれど・・、行ってみたら、まったく違っていてびっくり!

雰囲気のいい雑木林。
重文の古民家。
広いお庭。
ミニ江戸村のような、体験ゾーン。
それと、古墳(いや、覚えていたのは、小さい古墳だけだった;)。


f0231617_2322876.jpg


桜は満開!
わたしはお花見のときは、シートとおにぎりを持っていって、桜の下で食べるのが好きなのです。
とても幸せな気持ち・・・v

大好きな桜を見ながら、大好きなおにぎりをほおばる・・至福です。

f0231617_23234575.jpg


雑木林は気持ちがよくて、気付くとちらほらと春の花が。

ツクシ。山桜。スミレ。レンギョウ。気の早い山吹。


f0231617_23251446.jpg


園内があまりにも広くて、すべては見切れませんでした。
次回来たときのお楽しみに、とっておくことにします。








● 筑波山 カタクリまつり


下界では、桜が満開だというのに・・・。
寒い~~;(山頂付近では、たぶん3~4度くらい;)
ところどころ、まだ霜柱が!

肝心のカタクリは・・・、かわいそうに、つぼみのままうつむいてました。
霜にあたって痛んだのか、なんだか色も冴えないかんじ。

f0231617_2338171.jpg



咲く時期も、例年よりも遅めなんだそうで、残念ながら一面のカタクリ・・・とはなりませんでした~。


山頂へは行かなかったけれど、自然観察路をぐるり。久しぶりの山歩き。
葉の落ちたブナ林の中を歩くのは、気持ちがいいです。

たかが筑波山、されど筑波山。
けっこうアップダウンがあって、自分の身体が重い;

翌日の筋肉痛が、怖いです・・・。
[PR]

by bunakoubou | 2010-04-08 23:33 | 日々 | Comments(0)

セグウェイ。


先日の柏の葉で、もうひとつ、気になるものが。

それは『セグウェイ』。


ご存じない方には・・、なんといったらいいかなぁ。




これなんですけども。
楽しそうでしょ?

会場に体験コーナーがあったのですよ、これの。


乗ってみたかった~~!


ちょこっとお買いものなどでブースを離れる、くらいなら、お店番頼んじゃいますが(てへv)、
・・さすがに、ちょっと、ねえ;

残念。
いつかどこかで、チャレンジしてみたいですv
[PR]

by bunakoubou | 2010-04-08 23:05 | 日々 | Comments(0)

はちみつクラブ。


昨日のフリマと同時開催の、マルシェ・コロール(食品関係の出店群)で、気になるブースがありました。


『柏の葉はちみつクラブ』。


養蜂の専門家を含む、地元の愛好家の方々(しろーとさん含む)が、実際にミツバチの飼育をしつつ、ワークショップや食事会を通して自然との交流を図る・・という集まりらしい。


はちみつ!
わたしは、はちみつが大好きなのですv
(同じく、メイプルシロップや黒蜜も好き)

養蜂にも興味があります。
これは「てつわんだっしゅ」とか「えりん」とかの影響あり(笑)
あと昔、図書館で「庭で飼う、はじめてのみつばち ホビー養蜂入門」という本を、借りたこともある。
(でもこれは、ひろーいお庭、という設定で、ミツバチたちがあちこちを飛び回る生き物な以上、なかなかできない内容でした;)


虫は、きらいなんだけど。
でも、ミツバチくらいなら、ちょっと見には、かわいいかな~。


ブースでは、クラブメンバー勧誘のチラシを配りつつ、実際にクラブでとれたハチミツを試食させてくれました。
れんげハチミツなんかと比べると、少し酸味があったけど、おいし~♪

ミツバチって、すごいよね。
花の蜜を集めてみて、それでこんなにおいしいハチミツにしてしまうんだもん。

ほんとはそれは、ミツバチの子供たちのためのものを、人間が横取りしてる。
1匹のミツバチが、一生かかってあつめてできるハチミツなんて、スプーン1杯ほどだとか。
それを私たちは、ぜーたくにも、パンケーキにたっぷりとかけていただいたりしてる。
でもその美味しさの前では、申し訳ないけれど、罪悪感とかふっとんじゃって。


そのクラブに入会すると、保護服と手袋と、会の手帳がもらえるそうなんだけど、
その手帳が。

かわいいの!

パスポートサイズくらいの黄色いノートに、真ん中にミツバチのイラスト。
この手帳を手に入れるためだけにでも、クラブに入会したい!

・・・と思ってしまいました。

が。


会の集まりは毎週土曜の午前中。
これから予定が入っている、いくつかのフリマも、ほとんどが土曜開催。


・・・ダメだ~;:



実は、養蜂以外にも憧れるものがあって、「いちご農家」と「りんご農家」。



喰いしんぼさん、だから(笑)
[PR]

by bunakoubou | 2010-04-05 23:10 | 日々 | Comments(2)