カテゴリ:作品( 32 )

新作はんこ。


明日は、久しぶりの出店。
ホームともいうべき、柏神社での「ての市」です。


残暑が厳しい毎日ですが、明日も暑そうだなぁ~・・;
熱中症対策万全で臨みたいとおもいます。


8月は出店をお休みして、作りものに励む!と宣言しておきながら・・、暑さを口実にあんまりできませんでした。
(いえ、でも、出店用作品はあんましなくても、オーダーのものはだいぶお引き渡しできたんですよ?)



出店が近づいてくるにつれ、あれも作っとくんだった、これも作らなきゃと、まるで小学生の夏休みの宿題のごとく、ぎりぎりで焦る・・のはもう、性格でしょうか (滝汗)



新作をもっと作りたかったんですけどねぇ・・・。


明日、持っていけるものといえば、これくらい。


f0231617_22462793.jpg




新作のはんこです。

そういえば、わたしのブログでは、作品紹介自体が少ないんですけど(汗)、なかでもはんこはほとんど紹介していないんじゃないかな・・・。



7月の柏神社に出店していたとき、お客様から「仏像なんか、はんこにしてみたら?」とのお話があって、「うん、おもしろいかもv」と、できあがったのが、こちらです。


「ねこ地蔵さま」と「ねこ大仏さま」。

お地蔵様も大仏様も、わたしが作ると猫になりますw
でもこれは、まだまだ改善の余地がありそうだにゃ~。


「仏像」を彫るにあたって、図書館で参考になりそうな文献を探していたとき、「鳥獣戯画」の本を見つけて、なんかやってみたくなって、こちらも彫ってみました。

かえる と うさぎ。


改めてみると、鳥獣戯画ってとてもマンガ的。
日本のマンガのルーツは、このへんからもきているのかな。

うさぎとかえるが一番多いのですが、さるやきつね、猫も少しいます。
非常に人間的なしぐさで、遊んでみたり、いたずらしてみたり、お相撲とってみたり。


仏像もね、以前から興味はあって、いつかはちゃんと勉強してみたいなと思っているところ。
奥が深いですな。



・・・ところで、どちらも彫っててとっても楽しかったんですが、うさぎとかえるはともかく、ねこ大仏さまのはんこなんて、誰か使ってくださる方って、いるんでしょうかね・・・・?

(っていうか、なにに使うんだろう・・・・・・・・)




・・・・明日、お待ちしてまーす!
[PR]

by bunakoubou | 2011-09-10 22:57 | 作品 | Comments(0)

ねこ扇子。



去年、ご好評いただいた、ねこ扇子。
今年もまた、作りました♪


f0231617_1717504.jpg



写真の他にも、柄違い、ポーズ違いとたくさん作ったの。

まったり、とか、のんびり、とか、腹出しとか・・・基本的にわたしのねこ達は、だらだらしてます(笑)

今週末の、日暮里でおひろめですv


土曜日は少し気温があがるといいな。
今日の時点では、肌寒い。
そんなときに扇子なんて持っていっても、ね;;


今年の夏はあちこちで節電に励むでしょうから、エコな扇子をいかがですか?
[PR]

by bunakoubou | 2011-06-02 17:21 | 作品 | Comments(2)

ねこてん。



愛猫・こげちゃんが、虹の橋のたもとへ旅立ってから、今日でひと月になります。

ちゃたがいてくれるものの、何をしても、こげを思い出してしまう日々。
それも、後悔を伴う思い出ばかりで、我ながら情けない気持ちでいっぱいです。

こげがいなくて、つまらない。
ちゃたとこげと、ダブルでいてくれるから、可愛さもいとしさも二乗、三乗になっていた。
あのふかふかの毛並みをなでられないことが、とってもとっても、寂しい。


ペットロスのコミュなどをのぞいてみると、ある獣医さんが、
「ペットを失った飼い主は、楽しかったことや嬉しかったことを封印して、つらいことばかりを思い出す、一種の健忘のような状態になります」と書かれていました。

なるほど・・。

最後のほうでは、こげにかわいそうなことをした、という気持ちばかりで、こげがいてくれて幸せだったことを、すっかり忘れてしまっていました。

人間というのはどうして、楽しかったことよりもつらかったことの記憶の方が鮮明に残るんでしょうね。
(人によるのかもしれませんが・・)



こげたんは今、どのあたりにいるのかなあ。
人間は四十九日であの世へ行くとか言われているけど、動物の場合は煩悩などがないから、もっと早く旅立つ、とも言われているらしいです。




・・・などど、ぐだぐだとしているうちに、とんでもない事が起こりました。
あの、大地震。

わたしの住んでいる地域では、被害という被害はほとんどなく、水道とガスが3~4日ほどストップしたけれど、家族に怪我などもありませんでした。

でもニュースから次々に流れてくる、悲惨な光景・・・。
水道が出なくて困るなんて、確かに困るけれどそれよりも、家族を亡くしたり、家がなくなってしまったり、もっともっと大変なことが起こってしまいました。

更に、いまだ続く余震と、そして原発の恐怖。

危険の最前線で頑張って下さっている方々。
被災者の方たちのために、寝る間も惜しんで懸命に務めている方々。


でも、わたしには、なにができるだろう?




こげがいなくなってから、1カ月。

最初の2週間は何もする気が起きず、ただ、ぼーっとしてた。
地震の後。
お水を汲みに行ったり、食糧を調達したり、親戚と連絡を取ったり、4~5日ばたばたして一段落すると。

・・・なにかしなくちゃ、という気持ちばかり焦る。


ボランティアとか寄付とか、できることはあるんだろうけど限りもあって。

結局、今すぐにできることったら、いつもしている「作ること」しかないんです。


・・・で、粘土をこねてました。

f0231617_1813069.jpg



こんなん、なりました。


ちびまねきに、羽根が生えて・・・ねこの天使です。

羽根が難しかった;
これはまだ、下地の段階。

これからやすりかけて、下塗りして、着色していきます。
1匹目は、こげの柄にしようと決めています。

こげは虹の橋のたもとにいるけれど、天使にもなってるかもと思って。
(四十九日とか、天使とか、いろんな宗教観が混じっちゃってます;)

地震の少し前から作りはじめてはいたのですが、地震のあと、続けて何匹も作っています。


前脚は、祈りのかたち。


こげがいま、幸せだといいな。
ねこたちがみんな、幸せになれるといいな。


地震の後、気付くと、毎晩こげを思って泣いていたのに、泣かなくなっていました。
(まだ時々、涙が出るときもありますが、ショック療法みたいなものでしょか)


ちゃたがまだ、そばにいてくれる。
こげがいなくなって寂しいからか、地震が怖いからか、最近べったり甘えちゃんです。


こげたんは、雨降り地区から出られたかな・・・。




今回の地震で、亡くなられた方々と動物たちに、心からのお悔やみを。
そして、今がんばっている、すべての人と動物たちに、エールを。

一日でも早く、みんなが安心して暮らせる日がやってきますように。
[PR]

by bunakoubou | 2011-03-24 22:30 | 作品 | Comments(0)

猫雛。


今月に入ってから、一般のお店先でも雛人形を見かけるようになりました。
早い方ですと、12月ごろから探されることもあるとか。

ぶな工房では、少しでも多くの方に見ていただきたいと思い、条件(天候や、場所柄)が合えば、季節を問わず、猫雛さんを連れて行って展示してました。

でもやっぱり、これからの季節が本領発揮ですよね!


だけど、・・あれ?
ちゃんと紹介していなかったような;


というわけで、改めて猫雛さんをご紹介したいと思います♪


f0231617_23341479.jpg


お花などをあしらって、華やかに飾りつけるとこんなかんじ。
(こちらの画像は、ポストカードとしても販売しています)

販売時は、女雛と男雛、屏風、緋毛氈(フェルト)、敷布、布張り箱(収納・飾り台兼用)がセットになっています。



f0231617_23383367.jpg


お着物を着せつける前の猫雛さん。
(机がぼろぼろなんは、見ないふりしてください~;)

猫雛さんは、お人形本体の高さが大体10センチくらい。
ボディは石粉粘土にちりめんを貼ってあります。


女雛は、5枚の着物を着せてあるので、複数体作るときは何枚も縫うので大変です。
襟も、袖も、後ろ側の着物も、全部5枚ずつ。
特に袖は左右ありますので、それは倍。

男雛は、襟、袖のみ5枚重ね。


大変だけれど、なんといっても雛人形の醍醐味は、この「着物のかさね」にあると思っています。
わたしはもともと平安時代の装束とかが好きで、特に「かさねの色目」と言われる、着物の色の重ね方で季節を表したり、といった「風流を楽しむ」ことが好きなんです。

グラデーションだったり、反対色を合わせたり、表地の色からとったり。
その色の重なりの美しいこと。
昔の人は、そういう美を愛でたのですね~。


だから、猫雛さんの着物の重ねも、それぞれに違う色を何枚も合わせていく作業がとっても楽しい。
一番上は、華やかな柄の布をもってきて、一番下(内側)には白、が基本。
間の3枚(無地)を何色にするか・・・。


猫雛さんを作りはじめた当初は、色無地をたくさん買い込んでたりしたのだけど、気に入った色が見つからなかったり、何色も揃えるとかなり高価になってしまったりで、今は、アンティークの着物屋さんで、織柄の入った白無地の長襦袢などを買ってきて、それをほどいて洗って切り分けて、好みの色を自分で染めています。


f0231617_2353045.jpg


この女雛の中3枚、下から薄いピンク、ピンク、薄紫。
男雛の袖の中3枚、内側から淡い緑、若草色、水色。

これらの布は、自分で染めた布です。
お台所で簡単に染められる、手芸用染料を使っています。

着物布はすべてシルク。正絹です。
(わたしの使っている手芸用染料は、科学繊維は染められません)



それから、女雛の扇や冠、男雛の烏帽子や勺(しゃく)なども、もちろん手作り。
女雛の冠は銅板をカットして、真ん中には(写真だと分かりづらいのですが)「にくきゅう」マークを、家紋代わりに入れてありますv

あと、屏風の端っこにも、にくきゅうマーク。
(この上の写真だと、男雛さんの頭に隠れて見えないですが;)


猫雛さんをもし見に来てくださったら、そういう細かいところも楽しんで見ていただけたら嬉しいなあ~♪


・・・というわけで、次回の出店は1月23日(日)東京国際フォーラムです。
ぜひぜひ、猫雛さんに会いにいらしてくださいね~!
お待ちしてます~!
[PR]

by bunakoubou | 2011-01-18 00:11 | 作品 | Comments(2)

ねこ文化ちゃん 改良版。



f0231617_22371419.jpg




さて。
明日は青梅のアートフェスティバルです。
(今日も、でしたが; 今日はどうだったのかな~)


前回の出店からまる2週間、あいだがあいて・・・たのに、なんでこんなに時間がないんでしょう~(汗)
ず~っと作りものをしてたのに、作って持って行きたかったもののほとんどができあがりませんでした。しくしく。
作り途中ものものが、部屋にごろごろ・・・。


そんな中、なんとかこれだけでも!と完成させたのが・・・、改訂版・ねこ文化ちゃんですv


とりあえず、5匹。
なんとか、5匹;;

5匹、5色で並べると、なんとかレンジャーみたいですねぇ~(笑)


どうにか自分の納得のいく形にできたと思います。
この子たちは、明日の青梅でデビューです~!

よろしくお願いします~!



・・・んで、こんな時間にのんきに記事を書いている場合でもないのだけど。
実はこれから、荷づくりさ~。
だって、ぎりぎりまで、うさまねきを作ってたんだもん;

明日は朝、早いです。
青梅、遠いです。
寝坊しないようにしなくっちゃ・・・。
[PR]

by bunakoubou | 2010-11-20 22:45 | 作品 | Comments(0)

ねこ文化ちゃん。



さて。
取手けいりんのイベントでは、わたしはあるお客様との出会いを待っていました。

3月の取手ひなまつり、9月の取手フリマで会った女の子、Kちゃんです。


9月のときに、この競輪場でのイベントに参加することを話してあったので、もしかしたらまた来てくれるかもしれない。
そしたら、Kちゃんになにか、わたしの作ったものをプレゼントしてあげたいな・・・(Kちゃんは、猫雛さんとか、猫人形とか、お値段的にお母さんがちょっと困ってしまう作品を気に入っていたので、いつもお買いものできずにいたの。そりゃそうよね;高くてごめんね)。

お母さんが、Kちゃんは猫とお人形が好きだとお話されていたので・・・・


f0231617_21462094.jpg



文化人形、猫バージョンを試作してみましたv


文化人形、ご存じでしょうか?
赤いボンネット(帽子)に、レースのついたワンピース、きいちのぬりえ風のキラキラした大きな瞳。
昭和レトロただよう布の抱き人形です。


以前から興味はあったのですが、お友達のぽーむさんが、先日ちび文化を入手したのを見て、自分でも作ってみたくなったの。
で、ネットで作り方とかを検索したり、実際に作りながら手足のサイズバランスを修正しつつ・・。


できあがってみたら、・・・・なんだか文化人形に、見えません~(泣)

やっぱり「目」が違うんだなぁ。
あのキラキラ目でないと、文化ちゃんに見えない。
しかも猫耳。

スカートの長さも幅も大きいし。
帽子も、なんかうまくいかなくて。

これらは、まだまだこれから改良の余地あります;


そんでも、出来上がりを見て母や、ぽーむさんなど友人が「かわいい」と言ってくれたので、ねこ文化ちゃん第1号を、Kちゃんにプレゼントすることにしました。


でも・・・、もしも気に入ってくれなかったら、どうしよ?



どきどきしつつ待っていると・・・、会えました!
広いイベント会場を、Kちゃん母娘(おやこ)はわざわざわたしのブースを探して来てくださいました。

もー、それだけで嬉し~~*


んでさっそく、おそるおそる、人形を取り出してみる。


「Kちゃんにプレゼントしたいものがあるの。これ・・、気に入ってくれるかなあ?」


・・・と、言い終わらないうちに、Kちゃんは目をきらきらさせて「かわいい~!」


よかった!
気に入ってくれて!


「これからは、この猫のおにんぎょさんで遊ぶ~!」


はぅ・・。
なんて嬉しいことを・・・*


それから、Kちゃんとお母さんと、いろいろおしゃべりして。
更にねこのはんこを、自分用とお友達用に、ふたつずつお買いものしてくれました。

さよならするときも、いつまでもいつまでも、手を振ってくれるKちゃん。


なんて、可愛いの~v



この後の取手でのイベント参加は未定ですが、でもきっといつかまた、Kちゃんには会える気がしています。
[PR]

by bunakoubou | 2010-11-03 23:02 | 作品 | Comments(5)

ねこ柄 えこバッグ。


f0231617_21261852.jpg



今月末、10/31に出店する、『取手けいりん  サイクル・アート・フェスティバル』。

今回の出店はおもしろくて、アート出店者は参加の条件として、主催側から送られてくる、無地のエコ・バッグにそれぞれペイントなどをしたものを、作品として提出しなければいけません。

んで、当日、出店者オリジナルのエコ・バッグを展示。
希望者に抽選の上、プレゼント!・・・なのだそうですv

テーマは、競輪場だけに、「自転車」。



白のままでもよかったんだけど、わたしは水色に染めてから、猫の絵を描きました。
絵の画材は、「布描きクレヨン」というもの。
アイロンで熱定着させれば、お洗濯しても大丈夫。


自転車・・、描いたことないよ~!と思って、グーグルで画像検索。
アンティークっぽい、前輪が大きいタイプにしたかったの。

猫ちゃんが、みじかいあんよで、るんるん自転車・・・と思ったら・・


f0231617_21263455.jpg


(裏面)  ・・・やっぱりコケちゃいました。
[PR]

by bunakoubou | 2010-10-27 21:41 | 作品 | Comments(3)

うさまねき。


ここのとこ、ず~~っと、マーケット・リポートばかりでしたので、久しぶりに作品紹介などをしてみたいと思いますv



f0231617_22493985.jpg



『うさまねき』

新作です。
わたしの作るものは、基本、猫なのですけど、お客様のすべてが猫好きなわけではもちろんないので、
「犬はないの?」
「かえるは?」
「パンダは?」
「うさぎは?」
と、よく聞かれます。


犬は・・、はんこではたまに彫ったりします。
でもまだ、様々な犬種には対応できず申し訳ありません・・。

かえるは、・・作ったことないかも;
モチーフとしてあまり惹かれないというか・・;;(すみません)

パンダは・・、実は猫の次くらいに好きですv
おてがみはんこの図柄では、猫とパンダが定番になっています。
それから、ちびまねきサイズくらいで、ぱんだまねきを、ただいま試行錯誤中~。

うさぎは・・、モチーフとしてはよく作ります。
はんこや、ぬいぐるみ、布小物などでも。
(実物のうさも、わりと好きです)

で、秋ごろから、「お月見 → うさぎ」
もしくは「来年の干支」として、「うさぎも作って」という声をちらほらといただきましたので、作ってみましたv

実は先日の、柏ての市からデビューしています♪



まだ少ししか出来あがっていませんが、年末に向けて、徐々に数を増やしていくつもり。

あと、ロップイヤー(たれ耳)の子も、作ってみようかな?
[PR]

by bunakoubou | 2010-10-24 22:58 | 作品 | Comments(5)

涼しい日。



f0231617_21333888.jpg


珍しく涼しい一日。

あ~、カラダが楽~♪


こんな日は作業がさくさく、はかどります。
数の少なくなってきた、ちびまねきさん達を、粘土でこねこね。

気分がいいと、作品の出来もいい気がするv
(まあ、イライラしてて、いいものはできないよね;)


「まねき」以外にも、違うタイプも作ってみる。
腹出しや、だら~んとしてる子のモデルは君だよ~v

ただいま乾燥中~。


次の出店までに少し間があるので、作りためていこうと思います。
[PR]

by bunakoubou | 2010-07-13 21:41 | 作品 | Comments(0)

赤レンガにて。


過日の赤レンガ倉庫での出店は、3日間ということもあって、開催時間が長く、
日頃のあっという間に終わってしまう1日だけのショップと違い、時間に余裕がありました。


それもあってか、いつも絵柄のデザインにはけっこう時間がかかって、苦労することが多いのだけど、
初日のある時、ふっと「こんな絵柄のはんこをつくりたいな」と、思い立って、
ちゃかちゃかと絵を描き、さくさくと彫って、はんこを作りました。

おぉう、珍し~。



お隣の出店者さんにごあいさつしたとき、「何を出されるの?」と聞かれて、
(この質問にはいつも、答えに詰まってしまうのですが;)
「ええと・・、はんことか、招き猫とか、布雑貨とかです~(汗)」

「ひとり雑貨屋さん」状態なため、「○○です!」と、はっきり答えられない;;

そしたらその方が、わたしのブースを見て「ああ!猫の雑貨屋さんね!」



そうか!(ぽん!)
そう答えればいいんだ!


・・・でも、それにしては、200円の小さいはんこの絵柄ってば、うさぎやら、きりんやら、はにわやら;;
肝心の猫さんは、その時出していた絵柄が1種類・・・。

いかん。それでは。
もっと猫ばっかり、作らなくちゃ(いえ、他の絵柄も引き続き作るとは思いますが)。



f0231617_2150826.jpg


そこでできたのが、猫3種類。

うちの「こげ」ちゃんが、よくする腹出しのポーズ。
「ちゃた」がよくやる、香箱(前脚を丸めて内側にたたむ座り方)。
そして、マトリョーシカの猫ちゃん。


現場で絵柄を思いついて、すぐに彫る。
こういうの、初めてでした。


で、彫り彫りしていたら・・、「はんこ作ります」とか看板を出していたわけでもないのに、お隣さんから「うちのチワワのはんこを、お願いできる?」

写メを見せていただき、いくつかのポーズや表情からラフをおこして・・・

f0231617_21504544.jpg こんなかんじ。チワワって、はじめて描きましたが・・難しかった;
猫はね、描きなれてるのもあって、だいたいシルエットが決まってる。
犬は、種類が多くて、形も様々でしょう。

それでも、出来上がったはんこを気に入ってくださって、よかったぁ~*
そしたら、それを見た、お向かいのブースの方が、「うちもチワワを飼ってるんですけど、そのはんこ、欲しいです~」とな。

お隣さんからのオーダー品でしたので、確認をとると快諾してくださり、お向かいさんちへもv


思いついて作った猫3種も、作るそばから次々に気に入られてゆき・・・、嬉しいです~♪


また、いろいろな猫のはんこを、作りたいな。





+おまけ+


f0231617_21511043.jpg


赤レンガ土産。



f0231617_21515064.jpg 3日間、マーケットでのお買い物に悩んで・・、最終日に決めてゲットしてきた、革ひものペンダント。
パーツの組み合わせがいろいろあって、すごく迷ったのだけど・・・、最初に目にとまった「(アリス風)うさぎと時計」にしました♪




f0231617_21523725.jpg それから、階下のショップで見つけた、「横浜ポートサイダー(限定記念ラベル)」。
水玉柄のダルメシアン「ブルーダル」が、横浜のキャラクターらしく。
ブルーダル君が、サイダーを飲んでいるイラストに、きゅんときてしまいました。
(ちょっと、昔の「カル○ス」みたいですが;)

お味は、甘さが少し控えめの、きりりとしたお味。
わたしのお気に入り「仁手古さいだー」が、らむね風味だとしたら、こちらはまさに、「サイダー」なかんじでした~。

こういうの、飲み終えた瓶も、もったいなくて捨てがたいのよね・・。
(でも、どうしろと;)
[PR]

by bunakoubou | 2010-06-07 22:15 | 作品 | Comments(2)