猫の五月人形。

猫雛さんの季節が終わって、次は五月人形です。

雛人形と違って、五月飾りにはいろいろなタイプがありますね。
兜だけのもの、鎧と兜セットになっているもの。
また、それを着用した若武者姿のお人形。
鯉のぼり。

兜ははじめに作ったときに苦心しました。
素材を何に、どのように形にすればいいのかって。
今は和紙で張り子のように作ったものを着色、真鍮板で鍬形をつけるというやり方にしています。
本物の兜は細かく紐で組んであってかっこいいですよね~!
もうちょっとあれに近づけることはできないものか。。


今年の五月人形は、箱の仕様を変更しました。
これまでの木箱が手に入らなくなってしまったので、自作です。

f0231617_11094439.jpg

上蓋と下箱を違う紙にしてみました。
飾り台兼用なので、上蓋に敷きものがなくてもそれだけでステージになるように。
掛け軸などの背景の紙を使っています。
下箱にはベージュに金銀の箔が散った和紙。

化粧箱に、本体の袴猫さん、こいのぼり、兜、兜台、木製屏風で1セットになります。


f0231617_11100110.jpg
f0231617_11101042.jpg

茶トラちゃんは若草色に深緑の袴。
着物にはすべて五つ紋をつけてありますv



f0231617_11101935.jpg
f0231617_11102881.jpg

ブルー系はいちばん定番、ってかんじがしますね。
白黒はちわれちゃんは、水色に縞の袴。



f0231617_11103577.jpg
f0231617_11104726.jpg
三毛猫はたいてい女の子で、男の子の三毛は珍しく、福を呼ぶとか言われているそうです。
せっかくなので、その珍しい三毛ちゃんで。
薄茶の大島紬(超高級着物でまだ着られるほど状態が良かったので、ハサミを入れるときは緊張しちゃった)に、
茶の縮緬の袴。
屏風の千代紙は、橋に薙刀に兜。義経と弁慶のイメージでしょうか。







4月のイベントに連れて行く予定ですが、どの子がどのイベントにいるかは確定できませんのでご了承下さい。
(後からのオーダーには対応いたしますが、今年の子供の日には間に合わないので来年になります)

気に入っておうちに迎えて下さる方に出会えますように。




[PR]

by bunakoubou | 2017-03-29 14:19 | 作品 | Comments(0)